<< Kの日々 | main | 幽霊人命救助隊 >>

スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バスジャック

評価:
三崎 亜記
集英社
¥ 1,365
(2005-11-26)
Amazonランキング: 34294位
この作者の作品は初めてです。長さの異なる7作の短編集になっています。
小さい頃からSFが好きで、日本作家を中心にだいぶ読んでいました。(最近はかなりご無沙汰していますが。)

正直、最初の「二階扉をつけてください」でなんじゃこれは、と読むのをやめようかと思ってしまいました。まさに、奇想炸裂の快作で、ついていけませんでした。
気を取り直して全部読みましたが、後ろの「動物園」と「送りの夏」はなかなか感心しました。ショートショートは別にして、ある程度の長さがないと、奇想だけが目立つ気がします。
特に、「送りの夏」は麻美の両親と黒田さんが、わざとらしい気もしますが、ほんわか余韻を感じさせて好きな作品でした。

スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • 00:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM